キャッシングの遅延利息はいくら?シミュレーションしてみよう

Published / by 返楽

皆さんはキャッシングの遅延利息がどれくらいかかるか知っていますか?

そもそも遅延利息とは遅延した際に日割で計算される利息なのですが、元本の返済と利息とは別の支払いとなるのでまったくの無駄になる支払いです。

そして遅延利息は意外にも高いので、遅延を繰り返しているとあっとういう間に数十万単位の無駄金を消費することになります。

ここで遅延利息はどれくらいかかるのか?をシミュレーションしてみましょう。

[借入額200万円、遅延金利20%、遅延日数60日]

200万円×20%÷365日×30日=32,846円

遅延利息は1ヵ月遅延するだけでもかなりの額が取られてしまいますね。

もしもこれがもっと大きな額で遅延日数も長かったら。

[借入金額400万円、遅延金利20、遅延日数90日]

400万円×遅延金利÷365日÷=182,278円

とんでもない数字になりましたね。

これがすべて本来の返済額とは別の支払いなのですから、遅延することでどんなにデメリットがあるかがわかってもらえたかと思います。

ではもしも遅延してしまいそうになったらどうすればいいのか?

ポイントは消費者金融に必ず連絡することです。

そのときいつまでには返済するのかをしっかりと明確に示しておきましょう。

消費者金融にもよりますが、ほとんどの場合遅延利息を発生させずに返済を待ってくれます。

しかし毎月返済日を引き延ばしているとそれはそれで信用にかけ不利な状況になります。

毎月返済が遅延するようであれば、返済日を変更するなどして対応しましょう。

おまとめローンを利用するメリット

Published / by 返楽

複数のキャッシング会社から借り入れをしている方の中には、毎月の返済金額が大きな負担になっているという方も多いではないでしょうか。また、借り入れ先が複数あると、返済日や借り入れ状況の把握がしにくくなるため、返済忘れや借りすぎなどといった問題が発生することもあります。

そこでおすすめなのがおまとめローンを利用して現在借りているキャッシング会社にすべて返済してしまう方法です。借り入れ先がおまとめローンのキャッシング会社だけになるので、毎月の返済金額を大きく減らすことが出来ますし、返済日の把握がしやすくなり返済忘れなどのリスクを減らすことが可能になります。

おまとめローンの中にはパソコンや携帯電話を使って申し込みから借り入れまでweb上で完結出来るものも多いので、そういったおまとめローンを利用すればわざわざ店舗まで足を運ぶ必要がありませんし、キャッシング会社に入っていくところを誰かに見られるといった心配もありません。

また、おまとめローンを利用する際には出来るだけ低い金利のキャッシング会社を選ぶようにするのがおすすめと言えますので、各キャッシング会社のおまとめローンの金利をよく比較した上で決めるようにすると良いでしょう。

申し込みに手間がかからないカードローン

Published / by 返楽

キャッシングを利用する時は基本的に早めにお金を借り入れたいものなので申し込みに手間をかけたくないのが正直なところです。それにキャッシングは安心して利用したいので消費者金融ではなく銀行カードローンを利用したいものです。その中でもおすすめの銀行カードローンが三菱東京UFJ銀行カードローンと楽天銀行スーパーローンです。

ともに申し込みがインターネットで出来てしまうのでパソコンかスマートフォンを持っていれば簡単に申し込みが出来てしまいます。しかも金利も消費者金融より低めに設定されているので利用する時に安心感が生まれます。銀行カードローンの場合は基本的に審査が厳しいところが多いのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は意外と甘めなのです。

そのため借り入れ出来る時間もそれほどかかりません。特に即日融資希望の人は店舗にあるテレビ窓口を利用する事をおすすめします。ここで審査が通過したらすぐにカードを発行出来るので即日融資も可能なのです。

総量規制対象外の楽天ローンの出金停止解除の審査を申込む。

Published / by 返楽

楽天ローンを利用していて、1年前にその限度額の増額申請をしました。その半年前にも増額申請をしていましたが、審査が通らず半年空けての再申込みでした。その間に自分の属性の変化は、勤務先名が変わったことでした。グループ企業内での会社都合での転籍でした。

会員サイトからの申請で、転籍した先の勤務先名を入力していましたが、案の定「転職扱い」となり、勤続年数が1年に満たない状態での審査となってしまったのです。結果、増額申請どころか、新たな借入も出来ない「出金停止」の措置が取られてしまったのです。転籍の際、会社からは「勤続年数は継続でOK」と説明を受けて承諾していたこともあり、大変ショックを受けた出来事だったのです。

この1年間、別の消費者金融系カードローンを利用して何とか繋いでこれましたが、消費者金融系カードローンの場合、どうしても総量規制の関係で、年収の1/3以下までの限度額設定となってしまいます。先々を考えると、どうしても銀行系のカードローンを確保しておきたいという思いで、この1年間を過ごしてきました。他の銀行系カードローンも考えましたが、返済の為に新たな銀行口座を作る形を取りたくない考えが邪魔しました。返済の為にメインとしている給与振込もある口座から、返済用の銀行口座へ入金するという手間を増やしたくないことや、今メインで利用している銀行でカードローンを作ることに若干の抵抗感があったのです。

そうして、先日楽天ローンの「出金停止」から1年が経過しました。1年前に審査窓口担当者から「1年後に再度審査を申込まれては如何でしょう」との言葉を受けていました。その1年間がやっと過ぎました。「出金停止」となった総量規制対象外の楽天ローンへ出勤停止解除の申請をしたいと考えます。

おまとめローンで返済が楽に

Published / by 返楽

多重債務で複数の業者からお借り入れを受けている人にとって、ぜひ検討しておきたい存在といえばおまとめローンが挙げられます。

おまとめローンを組めば、複数のキャッシングもひとまとめにすることが可能ですし、金利が高い業者からお借り入れをしている場合においても、低金利の業者へと乗り換えることが出来るので、返済の負担を大いに減らすことが叶えられます。

おまとめローンを組む際には、金利を比較し、現在お借り入れを行っているサービスより金利が低い業者を探すことが大切になってきます。

おまとめローンにて低金利な業者へ乗り換えることが出来れば、毎月の返済金額を低くすることが出来るので月々のやりくりにゆとりが持てるようになったり、今と変わらない返済のペースであっても完済が早まるというパターンは非常に多いものです。

また、おまとめローンを組む最大のメリットといえば、返済計画が立てやすくなる点が挙げられます。

今までであれば複数回ATMを操作して行う必要があった返済も、たった一度で済ませられるようになります。

また、業者ごとに異なる返済期限を気にすることも無くなるので返済の手間自体を省くことも出来ますし、借入の残高や金利なども常に一定となり統一されるので、完済のプランも見通しやすくなり、自分の抱えている借金の総額や返済ペースなども管理しやすくなるのです。

複数の業者と付き合いを行う必要性も無くなり、一社のみの返済に集中できるので、おまとめローンは金銭的な負担だけでなく、心理的にキャッシングの負担を減らしたい人にもおすすめです。

総量規制対象外のキャッシング

Published / by 返楽

総量規制という言葉を耳にする機会は多くなってきました。

しかし実際には総量規制とはどういうもので、自分がキャッシングを行うに当たって、
この総量規制がどのように影響してくるのかという点が今一ピンとこないという方も少なくないかもしれません。

総量規制というのは、簡単に言うと消費者金融などから借入れを行う場合、年収の3分の1を超える借入れは法律に触れてしまうので、
それ以上に借入れを行うことができないという規制です。

年収が300万円の方でしたら消費者金融等から借入れを行える金額は、
100万円までということになりこれを上回る金額を借りることはできません。

立場を変えて考えると、この限度額を上回る金額の貸付けは違法ですので、
これが発覚した場合、貸付けを行った業者が罰せられることになります。

アコムやプロミス、モビットといった大手の消費者金融ですと、コンプライアンスがしっかりしています。
違法なことを行った場合のリスクが大きすぎますので、こういったことはまず行っていないはずです。

対して、総量規制対象外のキャッシングというものも存在します。

これはどういうことかと言うと、総量規制というものは、消費者金融などの貸金業者に対して課せられたルールです。

貸金業者以外の例えば銀行などの金融機関からキャッシングする場合、
お金を借りるということ自体に変わりはなくても総量規制を免れることができます。

つまり、場合によっては100万円を超えた金額を借り入れることが可能ということになるわけです。

当然、利用者の側に立って考えてみると、総量規制対象外の銀行や信用金庫などからお金を借りる方が、
借入れ限度額が高くなる可能性が高いですので、有利なように思えます。

しかし、銀行や信用金庫からキャッシングしようとする場合、
消費者金融や信販会社からキャッシングする場合に比べて一般に審査の難易度は高くなります。

なので、キャッシングをしようとする場合、一般論ではありますが、まず審査の難易度が高い銀行系の業者さんに申込みを行い、
その審査の結果を踏まえた上で、次に審査の難易度の低い信販系、そして消費者金融系の業者さんへと申込みを行っていくやり方が常道ということになります。

特に初めてキャッシングを行う方は、前提として、このような流れを踏まえた上で、申込みを行っていくと良いでしょう。

おまとめローンに借り換え、めでたく完済!

Published / by 返楽

昨年まで、いくつかの会社からキャッシングをして、合計150万円ほどになりました。当然、それぞれの会社の金利は違っていました。ただ、だいたい同じくらいの金利でしたが。

そして、毎月、それぞれの会社に1万円の元金プラス金利を支払っていました。正直、返済は大変でした。自分の給料と妻のアルバイト代でなんとか返済をしていましたが、それも延滞気味になり。

そこで、いろいろと考えました。もし、一つのキャッシング、ローンにまとめて、低い金利で借り換えができればどんなに楽だろうと。

そのときに利用していたカードのキャッシングの金利は20%ちかい金利。毎月5万円以上は返済をしていました。

そこで、まとめることができるカード会社を探しました。そして、低い金利の会社を。理想は、とりまとめができ、金利は10%未満が理想でした。

そんな時、インターネットで楽天ローンの広告をみたのです。ローンの枠は500万円。しかも金利が半分。当初の1ヶ月だけでしたが。

早速申し込みをしてみました。それまで、1ヶ月遅れの返済はなく、月内に返済はしていました。
当初は否決になるものと予想をしていましたが、なんとか可決になり、ローンを組めることに。金利は6%ちかく。

すぐに150万円を借りました。今までにない低金利で借りることができ、その後の返済は随分と楽になりました。

よく言われる借り換えという手法です。

もう毎月の返済がかなり減り、生活も楽になりました。そして、完済もできました。