債権譲渡」タグアーカイブ

遅延情報や延滞情報は更新されていく!でも債権譲渡となったらどうなるの?

Published / by 返楽

個人信用情報では、事故情報の登録期間は約5年以上となっており、この期間に審査申し込みをすると審査落ち、契約中のクレジットカードやカードローンは利用停止や解約というリスクがあります。
ですが、遅延情報や延滞情報は解消から一定期間が経過すると、更新されて見えない状況になります。

最近の銀行や消費者金融、そして奨学金などは延滞状況となって時点で、債権会社に譲渡してしまうことがあります。
本来であれば、即時解消すれば問題無いものの、債権譲渡という重い情報が登録されることだけは避ける必要があります。
結果的に、債権譲渡となった場合、最低5年以上はその情報が登録されるため、先ずは遅延が3ヶ月以上にならないようにすることが重要です。

特に奨学金の場合は、銀行や消費者金融より厳しい対応がされるため、新社会人や返済を続けている方は、キャッシングやローン契約に影響が出るタイミングを認識することが重要です。