月別アーカイブ: 2015年4月

総量規制対象外のキャッシング

Published / by 返楽

総量規制という言葉を耳にする機会は多くなってきました。

しかし実際には総量規制とはどういうもので、自分がキャッシングを行うに当たって、
この総量規制がどのように影響してくるのかという点が今一ピンとこないという方も少なくないかもしれません。

総量規制というのは、簡単に言うと消費者金融などから借入れを行う場合、年収の3分の1を超える借入れは法律に触れてしまうので、
それ以上に借入れを行うことができないという規制です。

年収が300万円の方でしたら消費者金融等から借入れを行える金額は、
100万円までということになりこれを上回る金額を借りることはできません。

立場を変えて考えると、この限度額を上回る金額の貸付けは違法ですので、
これが発覚した場合、貸付けを行った業者が罰せられることになります。

アコムやプロミス、モビットといった大手の消費者金融ですと、コンプライアンスがしっかりしています。
違法なことを行った場合のリスクが大きすぎますので、こういったことはまず行っていないはずです。

対して、総量規制対象外のキャッシングというものも存在します。

これはどういうことかと言うと、総量規制というものは、消費者金融などの貸金業者に対して課せられたルールです。

貸金業者以外の例えば銀行などの金融機関からキャッシングする場合、
お金を借りるということ自体に変わりはなくても総量規制を免れることができます。

つまり、場合によっては100万円を超えた金額を借り入れることが可能ということになるわけです。

当然、利用者の側に立って考えてみると、総量規制対象外の銀行や信用金庫などからお金を借りる方が、
借入れ限度額が高くなる可能性が高いですので、有利なように思えます。

しかし、銀行や信用金庫からキャッシングしようとする場合、
消費者金融や信販会社からキャッシングする場合に比べて一般に審査の難易度は高くなります。

なので、キャッシングをしようとする場合、一般論ではありますが、まず審査の難易度が高い銀行系の業者さんに申込みを行い、
その審査の結果を踏まえた上で、次に審査の難易度の低い信販系、そして消費者金融系の業者さんへと申込みを行っていくやり方が常道ということになります。

特に初めてキャッシングを行う方は、前提として、このような流れを踏まえた上で、申込みを行っていくと良いでしょう。