税金の滞納が発覚して、はじめてキャッシングを利用しました。

キャッシングとは借金のことですから、私は、最初、絶対に利用したくないとか、借金をする人は軽蔑する、とか勝手にレッテルを貼って、低く見るようなところがありました。

けれども、自分がうっかり税金の支払いを忘れていたことがあって、税金は国民の三大義務に「納税の義務」があるように絶対にごまかせませんから、払うしかなく、どうしようかと頭をかかえているとき、偶然、インターネットで見つけたキャッシングのブログ記事に救われたことがあります。

藁にもすがる思いで、キャッシングに申し込むと、そこは白を基調とした洗練された空間で、私は雑居ビルのボロボロの机とソファを想像していたので、不安な気持ちを取り除いてくれました。審査は意外にも簡単でスピーディーで、しかも、たまたま「30日間無利息キャンペーン」というのをやっているときで本当にラッキーでした。

10万円融資していただいて税金を支払い、翌月末の給料で利用額を返済することがありました。キャッシングは、困ったときに助けてくれるセーフティーネットだと思います。